【parallel123world】

自分も知らないもう一人の自分、あなたの中にも。

不完全

 

完全にではないが少しわかるようになった。

 

 

自分の事。

君の事。

 

 

わかるには時間がかかりすぎて。

もう遅いのかもしれない。

かもしれないじゃなくて遅い。

 

 

時間は戻る事がない。

2人の関係もたぶん戻らない。

それでもふと思い出すのは

何故でしょう。

許されたいと願うエゴでしょうか。

それともまだ好きなのでしょうか。

 

 

答えのない問い。

答えない誰も。

教えて下さい。

誰かお願い。

 

大実験⑥

 

2月 固定した服装を振り返る

 

1.無印良品で揃える

 


f:id:parallel123world:20200208212836j:image

f:id:parallel123world:20200208212844j:image

f:id:parallel123world:20200208212840j:image

f:id:parallel123world:20200208212907j:image

f:id:parallel123world:20200208212856j:image

f:id:parallel123world:20200208212902j:image



・スキニーパンツ

・インナー タンクトップ+ロンT

・襟付きシャツ

・ニット帽

 

※スキニーパンツ   サイズ違  2枚

インナーロンT      M,L            各1枚

襟付きシャツ  M,L            各1枚

 

気を引き締めたい時はM

やるっとしたい時はLを着用している。

 

インナータンクトップ以外は、色を白と黒で統一した。重ねて着ても色が合わない事がない為、組み合わせなどを気にしなくて良い。

 

2.比較用 アクティブに動けるパンツ

ジェリー GERRY テーパードパンツ

   定価 ¥2,980-      楽天ポイント  ¥188引き

                  ¥2,792-

 

f:id:parallel123world:20200208213935j:image

無印良品のスキニーとは違いアクティブに動けるため、仕事の際に着る事が多い。

 

2.冬用 スウェットプルパーカー

福岡市天神 セレクトショップ LINK

 

 

f:id:parallel123world:20200208215352j:image

gym master®︎

Sweat raglan pull over hooded

(made in CANADA)

¥12980- 税込

 

カナダ製のスウェットプルパーカー。
カナダ綿のやわらかな独特の風合いは、毎日の定番に。 セットアップでの着こなしも楽しめます。トンプキン機でゆっくりと編みあげ、空気をふくんだやわらかな風合いに仕上がっています。軽い着心地を実現。昔とかわらぬ機械、工程を経てジムマスターのスウェットはつくられています。 

 

3.UNIQLO  ウルトラライトダウン 黒

 

f:id:parallel123world:20200208220422j:image

¥3990- 税抜き

 

※写真はベージュですが、黒を買いました。

冬のアウターは、重いのがネックですがコレは最高。ニットはチクチクして痒くなるので、これさえあれば生きていける感じです。

 

[感想]

白と黒に統一した。お洒落なものというよりは、着ていてストレスがないものを意識しました。寒ければ重ねて着る、暑ければ1枚脱ぐというスタイルです。代わり映えはしませんが飽きもしない。

 

言い聞かセリフ

 

結局、誰でもよくて誰でもよくない。

 

形は、自分で壊して作るもの。

考え方もスタンスも自分次第。

どう捉えてどう作っていくか。

 

文句を言ってる間は三流。

ただこなすだけでは二流。

一流はどんな時でも一流。

 

自分が何になれるか。

自分は自分にしかならない訳です。

足掻いても、もがいても。

私は私なのです。

 

明日、目覚めたら。

まずは、ありがとう。

一説によるとおじさん

f:id:parallel123world:20200201225047j:image

 

始まりは確か、

「あなた達は、こういう建物に興味があるの?」

だったような。ある日の午後。

 

お昼を食べて、喫茶店に行くことにした。

田舎道を走る。少し奥まった所にカフェはあった。店に入ろうとしたが、1人が

「何あれ?」

と言い、前方を指差した。もう1人が、

「近づいてみませんか?」

と言ったので、2人で歩き出した。2人の目の前にあったのは、謎の廃墟。人が住んでいたようには見えない。歪で傾いたコンクリートの建物。1人は写真を撮り、もう1人は口を開けて上を見ていた。すると、庭の掃除をしていた近所のおじさんが、

「あなた達は、こういう建物に興味があるの?」

と聞いてきた。1人が、

「はい!」

と言い、もう1人が、

「この建物って何ですか?」

と聞いた。

おじさんは得意そうに、

「これは、一説によると、、、。」

と話し出した。話の内容はさておき、『一説によると、、、。』の喋り出しはずるすぎる。その喋り出しは、この後の話しが何かとても怪しいものだと脳が反応してしまうからだ。おじさんの話しは、

「これは、一説によると、、、。足の不自由なお爺さんが作った建物らしい。そのお爺さんはこの滑車を使って車椅子を上に上げていたそうだよ。」

そういいならが指差した先には、心許ない滑車とロープがあった。

f:id:parallel123world:20200201224950j:image

「滑車を使って車椅子を上に上げていたらしい。」

と話してくれた。よくわかんないけど、

「へぇー。そうだな。面白い建物ですよね。」

と答えた、もう1人が、

「この建物傾いてるし、危なくないですか?」

と言った。困った顔をしておじさんが、

「そうなんだよ。子ども達もここら辺を通るから、市役所に取り壊しをお願いしてるんだけど。やったかいなのはここのお爺さんは当たり屋をしてて。事故をしたように見せかけて、お金を巻き上げてた。それで、市役所などでお金が貰えないと怒鳴り上げていたらしい。かなり手を焼いていたらしく、市役所の人達も関わりたくないらしい。お爺さんはもう死んだはずなんだけど、なかなか取り壊してくれないんだよ。困ったもんだよね。」


f:id:parallel123world:20200201225033j:image

f:id:parallel123world:20200201225029j:image

f:id:parallel123world:20200201225036j:image

と言い、また庭の掃除に戻って行った。2人は顔を見合わせた、、、。互いに不思議な映画を観たような、絵も言えない顔をしていた。そして、何も無かったかのように、

「一説によると、、、。」

と呟いてカフェに向かった。

f:id:parallel123world:20200201224916j:image

 

浜脇おじさん

 

 

「最近自転車を買いまして。」

 

f:id:parallel123world:20200113171123j:image

 

週末は海岸に自転車を走らせて

海岸に座ってのんびりする

家からそれほど遠くない

うちの家は光が入らない日中も映画館

外に出ないと時間感覚がバグる

 

浜脇おじさんに会ったのは今日で2回目

全然知らない人だから警戒はしてる

今日はカメラの話しをした

こないだは自転車の話し

たぶんまた会う気がする

 

何分か話して

お互いまた自転車に乗る

名前なんて言うんだろう

 

サバイバルとミニマリスト

2019年ハマったものランキング

 

1位 サバイバル動画視聴

f:id:parallel123world:20191230204938j:image

 

2位 ミニマリスト動画視聴

f:id:parallel123world:20191230204853j:image
f:id:parallel123world:20191230204856j:image

3位 未定

 

 

サバイバルとミニマリストには

共通したものがあると感じた。

 

《共通する思考》

①優先順位

②必要性

③決断力

 

2019年なぜこんなにも削ぎ落としを行ったのか。それは、2020年にわかる事でしょう。自分の本能に身を任せてみます。

 

なんとなく、イメージしてみてください。

人が持っているものを手放す時。

・重くて疲れた

・高く飛びたい

・速く走りたい

・次に掴みたいものがある

 

2019年年越しは体力回復に使います。

2020年のスタートダッシュきめます。